採用ブログ

エンジニア

エンジニア 2022/10/03

「当事者意識を発揮しながらプロダクトを成長させ続けたい」  自社プロダクトのエンジニアを選んだ理由とは

2021年11月に入社したエンジニアの田守は、eKYCプロダクトのフロントエンドにおける機能開発と改善を担当しています。
もともとは主にSES(System Engineering Service)で技術力を磨いてきました。環境を大きく変えて自社プロダクトに携わろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?入社前に描いていた願いは実現できているのでしょうか?
eKYCプロダクトの利便性を支える田守の入社後インタビューを公開します。

エンジニア 2022/10/03

フルサイクルエンジニア志向になった理由は「社会インフラの実装」という難問に出会ったから

2020年9月に入社当時の五島は、TRUSTDOCKの開発言語であるRubyは未経験でした。いまでは機能開発からインフラ、運用、セキュリティといったお客様にデリバリーするまでの大部分に関わるテックリードの役割を担うほどになっています。

エンジニア 2022/09/22

エンジニアの仕事は「機能開発」ではない 事業を成長させる「課題解決」だ

決済機能の開発リーダーやファクタリング事業の要件定義や設計を担った後に、フルスタックエンジニアとしてTRUSTDOCKに入社した保屋野。入社して2年経ったいまでは技術開発部のマネージャーでもあります。転職前に考えていた「次の10年もさらにハードルの高い挑戦がしたい」という願いは叶えられているのでしょうか?(2022年9月現在)

エンジニア 2022/07/29

「開発環境は?どんなチーム?」面接「エンジニアQ&A」を公開します(2022年7月29日更新)

TRUSTDOCKはこれまでに200名以上のエンジニアの方とカジュアル面談・採用面接を実施しています。いただく質問の中で疑問を解消いただくことが多いですが、「先に伝えておいた方がもっと深い対話になったはず」とも考えています。

エンジニア 2022/06/24

TRUSTDOCKへの入社理由(エンジニア編)〜入社の決め手・eKYC市場の成長性・プライベート〜

TRUSTDOCKには「eKYCプロダクトに可能性を感じて入社を決めた」メンバーも多く在籍しています。その可能性はeKYC/KYC導入社数No.1(※)という実績にも表れているように、顧客や社会からも支持されています。

エンジニア 2022/04/15

テックリード、フリーランス経験で見えた「合理的な組織」の魅力

サーバーサイドエンジニアとして、髙瀨実がTRUSTDOCKにJOINしました。Ruby on RailsとGoを使用して、TRUSTDOCKのグローバル向けのiOS/Android向けSDK用のAPIの設計・開発をしています。

エンジニア 2022/02/11

「誰ひとり取りこぼさない社会インフラをつくる」を支えたい。「テクニカルサポートのプロ」の道を追求する

PdMチームにdev-support(テクニカルサポート)として鈴木紀子がJOINしました。

エンジニア 2021/12/21

「スタートアップへの転職」は不安もあった。大手Slerでのエンジニアとベンチャー企業の経験をもとに、いまは「社会インフラづくり」に挑んでいる

PM担当として、大手SIerでのシステムエンジニアの経験や、ベンチャー企業で研究機関や製薬企業の研究者のIT支援の経験を持った中川隆広がTRUSTDOCKにJOINしました。

エンジニア 2021/09/27

複数の新規サービス立ち上げの経験を、より良い社会のためになる会社・サービスの成長に活かしたい〜PdM・波多野裕章のTRUSTDOCK転職インタビュー〜

ドローンやヘルスケア領域の新規サービスを複数立ち上げて来た波多野裕章が、フロントエンドのPdMとしてTRUSTDOCKに入社しました。サービスの企画立案、ビジネスモデルを設計して事業を推進しつつ、大学病院・地方自治体やメーカとのアライアンスを進めるなど多様な利害を持つ関係者をひとつの方向に向かわせて来ました。

エンジニア 2021/08/17

プロダクト開発に集中できるエンジニア組織をつくる〜TRUSTDOCK 取締役 肥後彰秀のCTO時代のインタビュー〜

TRUSTDOCKの取締役である肥後のCTO時代のインタビューを公開します。(2019年7月から荘野がCTOに就任)肥後のこれまでとCTO時代の経験を通じて、現在のTRUSTDOCKのプロダクトや組織の働き方にも繋がる内容になりました。

エンジニア 2021/07/26

エンジニアにとって、2021年は勝負の年。「急成長するeKYCサービスを技術でどうリードするか」が問われる〜エンジニア・五島宙也のTRUSTDOCK仕事インタビュー〜

「ここでならeKYCプロダクトを通じて、社会インフラの実装に挑戦できる」と転職理由を話してくれたエンジニア・五島宙也(ごとうちゅうや)。

エンジニア 2021/07/26

未経験の開発言語を習得してでも、「eKYC事業で社会インフラを実装したい」。その背景にはエンジニアの「挑戦体質」がある〜エンジニア・五島宙也のTRUSTDOCK転職インタビュー〜

TRUSTDOCKに5人目のエンジニアとして五島宙也(ごとうちゅうや)が入社しました。大手ERPパッケージベンダーで基盤開発/設計/構築/運用の経験がある五島は、現在は本人確認業務用のシステムの開発/保守/運用、DevOpsやインフラの改善を担当しています。

自由な組み合わせで
最適な設計を実現できます
KYCに特化したプロ集団に、まずはご相談ください

サービス資料ダウンロード お問い合わせ