資料請求
お問い合わせ

icon-facebook-bicon-twitter-b

finance_MV_1440 (1)

金融機関の継続的顧客管理にeKYC/TRUSTDOCK-CRM

金融機関の継続的顧客管理にeKYC/TRUSTDOCK-CRM

既存の社内システムを考慮した継続的顧客管理体制の構築が可能。
リスクに応じた本人確認や管理、ユーザーに合わせた連絡手段、
アンケートの実施等、様々な機能を要件に合わせて提供できます。
eKYCの併用で情報収集の効率化や確認業務のDX、コスト削減も実現します。

3分でわかる資料ダウンロードお問い合わせはこちら

※2021年6月 東京商工リサーチ調べ

finance_MV_SP

既存の社内システムを考慮した継続的顧客管理体制の構築が可能。
リスクに応じた本人確認や管理、ユーザーに合わせた連絡手段、
アンケートの実施等、様々な機能を要件に合わせて提供できます。
eKYCの併用で情報収集の効率化や確認業務のDX、コスト削減も実現します。

3分でわかる資料ダウンロードお問い合わせはこちら

※2021年6月 東京商工リサーチ調べ

金融機関のみなさま
こんなことで
お困りではないですか?

nayami

顧客と連絡を取るにあたり複数の手段を確保する必要がある。

リスクに応じた顧客管理やアンケートの実施等、まとめて対応できるシステムが欲しい。

顧客の本人確認手続きに手間・時間・コストがかかりすぎる。

金融機関向けの
eKYC導入メリット

  • 01

    さまざまな通知
    到達確認のチャネル

    メールやSMS、郵送、LINEによる通知など顧客にマッチした通知方法によるアプローチが可能です。

  • 02

    柔軟なアンケート
    項目の設計

    顧客属性に合わせてアンケート項目を設計、金融機関様に合わせてカスタマイズすることが可能です。

  • 03

    スピーディーな
    導入

    実績のあるCRMにeKYC機能を搭載、大規模な開発は不要ですぐに導入いただけます。コスト削減や運用の効率化にも繋がります。

TRUSTDOCK-CRMとは

システム開発が不要で簡単に導入ができる
TRUSTDOCK-CRMを提供しており、継続的顧客管理をスピーディーかつ低コストで実施することを可能にします。

TRUSTDOCK-CRMでは顧客への通知犯罪収益移転防止法に準拠したeKYCやアンケート収集回答管理などが簡単にでき、個人のみならず、法人にも対応いたします。

top_about (1)

サービスの詳細がわかる資料はこちら

3分でわかる資料ダウンロード  
オンライン上の KYC規格化・標準化に参画

オンライン上の
KYC規格化・標準化に参画

TRUSTDOCKは金融庁・総務省・経済産業省をはじめとする各省庁や関連協会と連携しています。また様々な業界団体や行政のワーキンググループに主要メンバーとして参画し、デジタル上のKYC流通の規格化・標準化を進めています。

TRUSTDOCKは金融庁・総務省・経済産業省をはじめとする各省庁や関連協会と連携しています。

金融機関向け
継続的顧客管理/eKYCハンドブック

金融機関様向けに、eKYCを活用した継続的顧客管理の仕組みを導入するためのハンドブックを準備しています。

eKYCソリューション
完全比較表

TRUSTDOCKでは、eKYCサービス導入のご検討にご活用いただける「eKYCソリューション完全比較表」をご用意しています。eKYC事業者に特化して、サービス概要や各種機能の実装有無、犯罪収益移転防止法の対応状況などを一覧にしてまとめました。

ダウンロードご希望の場合、お問い合わせページから「eKYCソリューション完全比較表ダウンロード希望」という内容でご連絡ください。担当より個別にご送付いたします。

 金融機関向け
eKYCについて解説