資料請求
お問い合わせ

icon-facebook-bicon-twitter-b

TRUSTDOCK面接体験談〜スタートアップCxOが面接でお話ししたいこと〜

スペシャルコンテンツ

更新日: 2022/05/27

目次

    TRUSTDOCKはエンジニアやセールス、コーポレートやCSX、PA(Public Affairs)や自治体担当などさまざまな職種のメンバーがJOINしています。面接(リモート含む)も職種ごとに多様性がありながらも、メンバーの声には共通している部分があります。

    「カジュアル面談でCEOの千葉さんが出てきて驚いた」、「スキルの質問が少なく、ほぼこちらの質問で進んで行った」「絶対に落ちたと思った」などなど。

    メンバーが感じたTRUSTDOCKの面接の印象をまとめました。TRUSTDOCKが面接で大切にしている「どちらかが見極めるのではなく確認し合う」「入社後話すであろうテーマを意見交換する」といった面接の様子をお伝えします。

    trustdock-summary-interview1-2

    エンジニアメンバーが感じたカジュアル面談、選考の印象

    trustdock-summary-interview1-3

    株式会社TRUSTDOCK フルスタックエンジニア 保屋野 透

    保屋野:CTOの荘野さんとの面接が印象に残っています。エンジニアの面接というと、技術的な質問を多くされるパターンも少なくありません。でも、TRUSTDOCKの面接は企業が個人を見極めるという意味の「面接らしさ」がなかったんです。実際のコードを読みながら「どうすればアプリが良くなるのか」をテーマに意見交換をずっとしていました。その会話の端々にプロダクト開発に対する熱意が宿っていました。(保屋野のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-4

    株式会社TRUSTDOCK dev-support(テクニカルサポート) 鈴木紀子
    鈴木:カジュアル面談でCEOの千葉さんが出てきたときは、正直「一発勝負なのか」と思って震えましたね(笑)。結果的に事業に対する想いやこの先のビジョンを直に聞けて、「興味がある会社」から「働きたい会社」へ気持ちが移っていきました。(鈴木のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-5

    株式会社TRUSTDOCK フロントエンドエンジニア TJ Epperson 
    TJ:TRUSTDOCKの最初の面接はオンラインで、会社のピッチデッキを見るという流れでした。対面での面接はいま私が感じることができているような、お互い尊敬し合っていて、お互いの家族も大切にする温かい空気です。私にとって入社の重要な決め手となった「スタックの詳細」や「今後の計画」についても積極的に話し合いがもたれました。私が面接に来た時期は、ちょうど「コードを改善する時期」だったんですよ。そのこともあって、コードについて意見を求められました。面接の中で「TRUSTDOCKに入ったらこうやって仕事を進めるのか」と擬似体験できた気持ちです。面接の内容がコード改善ミーティングのようなものでしたから、入社初日からリモートワークという環境でも、仕事に集中できているんだと思います。(TJのインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-6

    株式会社TRUSTDOCK PM 中川隆広
    中川CEOの千葉さんとCOOの菊池さんとの最終面接が印象に残っています。千葉さんと世間話のような空気になっていたところを、菊池さんがストップをかけて「せっかくの機会なので、私たちを見極める質問をください」と言ったんです。見極める立場に置かれるとは思わなくて、内心驚いた記憶があります。質問をさせていただいたとき、菊池さんは技術サイドの話をして、千葉さんはビジネスサイドからの判断を自然とフォローされたのを目の当たりにしました。ビジネスサイドと技術サイドでバランスの取れた良いチームだなと思ったことも印象に残っています。(中川のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-7

    株式会社TRUSTDOCK エンジニア 五島宙也
    五島:面接で「会社全体として技術とビジネスが紐づいている」を感じました。これはボードメンバーにエンジニア出身者が多いことが影響しているかもしれません。CTOの荘野さん、取締役の肥後さん、COOの菊池さんもエンジニア経験があります。CEOの千葉さんが「SFでない半歩先のソリューションを提供している」や「mustなことをやる」を繰り返し言っていたことも印象的でした。実際にソースコードを見せてもらったときに、複雑な要件に柔軟に対応できるようにリファクタリングをしてきた積み重ねがあったり、テストコードがしっかり書かれていました。「mustなことをやる」ために、開発基盤側から対応しているんです。まさに「ビジネスと開発が繋がっている」とわかります。(五島のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-8

    株式会社TRUSTDOCK PdM 波多野 裕章
    波多野:実際に素直に話しすぎて「落ちたかもな」と思った場面もありました。COOの菊池さんに「お客さんと話すの苦手ですよね」と指摘いただいたときに「はい、苦手です」と言ってしまったんですよ。自分でも苦手意識があるのでそうお伝えしました。でも、苦手でもプロダクトを背負っているので、できるだけ準備して丁寧に対応していたことを言えたら良かったですね(笑)。でも、こういった素直なやり取りが良かったのかもしれません。カジュアル面談や面接でお話しできた皆さんは、話を受け止めて「ひと」を大切にされている組織だと感じました。直感的ですが、会社を選ぶ軸に「話が弾むかどうか」を持っていたので、結果的に素直に話ができて良かったですね。(波多野のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-9

    セールスメンバーが感じたカジュアル面談、選考の印象

    trustdock-summary-interview1-10

    株式会社TRUSTDOCK セールス 濵川万里華
    濵川:
    ニートだった期間も受け入れてくれた面接でした(笑)。素直に「実はいま、ニートでして、、、」と言いかけた瞬間に、CEOの千葉さんが「いいね、ニート!私も漫画を描いていたときはニートでしたよ。ニート期間は自分と向き合うことができるからいいよね!」と笑顔で話してくれました。自治体担当の葛巻さんのインタビューを読んだときにも、「素直に話した方がいいのかも」と思ったんですよね。そのインタビューのタイトルは『「ワーキングマザー」ではなく「私」が活かせる仕事が見つかった』でした。きっとTRUSTDOCKは「ニート」だったり「ワーキングマザー」といった属性やタグ付けには、あまり興味がないんですよ。それよりも「私」という人間そのものを重視しているというか。だから素直に自分を出す面接になるのだと思います。(濵川のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-11

    株式会社TRUSTDOCK セールス 松崎 雄汰
    松崎:カジュアル面談も採用面接も、変わらない雰囲気でした。選考されるというよりも、意見の交わし合いです。TRUSTDOCKから「セールスチームをこれから組織化していく必要があります。課題はこういったものがあります。松崎さんなら何をしますか?」とお題を渡されて、私も前職で経験のあったチームビルディングの話をした記憶があります。ディスカッションスタイルのカジュアル面談、採用面接はいいですよね。これから何かを一緒につくっていく仲間かどうかをお互い確認し合う。だから能力が高いだけではいい出会いにはならないし、お互いが目指す先に対して貢献し合えるかを確認し合う場としてよく機能していたと思います。(松崎のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-12

    株式会社TRUSTDOCK マーケティング・広報担当 林田杏子

    林田:「正解がない」とわかる面接だったので、どう受け取ってくださったのか不安な部分があったのも確かです。例えば取締役の肥後さんから「一緒に働きたくないひとはどんなひとですか?」という質問がありました。私は「ひとの失敗を許さないひと」と答えた記憶があります。これまでずっと私はITベンダー側でしたが、トラブルのないシステムは一度もありませんでした。人的なミスもゼロにはなりません。何か起きたときに誰かを責める組織ではなく「一緒に対策を取れるチームが良い」と考えていたので、「ひとの失敗を許さないひととは働きたくありません」と答えました。
    CEOの千葉さんとCOOの菊池さんの面接も印象に残っています。千葉さんは「たまに僕と菊池さんは喧嘩しているんですか?仲悪いのですか?と聞かれるけど、全然そんなことはありません。ただお互い意見交換しているだけなんです」と話していました。菊池さんも「そうそう、私たちのように疑問に思ったことはなんでも、どんな小さなことでも発言してください」と話していました。(林田のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-13

    行政、自治体担当が感じたカジュアル面談、選考の印象

    trustdock-summary-interview1-14

    株式会社TRUSTDOCK Public Affairs担当 笠原基和

    笠原:CEOの千葉さんとの面接の際に、ライフプランを聞かれたのは、びっくりしました(笑)。もちろん、「公正な採用選考について|厚生労働省」に抵触するような話題はありませんでしたが、ついつい趣味のブラジリアン柔術(BJJ)への熱い想いばかりを語ってしまいました。面接が終わったあと「落ちたかなぁ」と思っていたので、内定のご連絡をいただいたときはこれまたびっくりしました。

    trustdock-summary-interview1-15

    株式会社TRUSTDOCK 自治体担当 葛巻美央
    葛巻:初めは募集していたポジションであるCSで選考を受けていたのですが、事業の性質を考えたときにリモートワークが難しいことがわかり、途中で落ちてしまいました。残念ではあったのですが、とても面接が印象的だったんです。私の「少しでも仕事をする時間を増やせる働き方がしたい」という願いを実現できないか、一緒に考えてくれました。私の場合は「リモートワークにしたら仕事の時間を1〜2時間増やせますね」など具体的に働く時間を一緒に計算したりもしましたね。1時間単位で考えてくれるなんて驚きました(笑)。そんないい出会い方をしたからもあってか、CSポジションで落ちてしまった数日後に「自治体担当として再選考を受けませんか?」と打診があったんです。私も「TRUSTDOCKで新しいポジションが出ないかな」と求人情報を見続けていたので、お声がけしてもらえて嬉しかったですね。(葛巻のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-16

    株式会社TRUSTDOCK Public Affairs担当 神谷英亮
    神谷:夏休みに自宅からリモートで受けた面接が、とても思い出に残っています。ちょうど話が盛り上がってきた頃に、隣の部屋で一人で遊んでいたはずの娘が泣き出してこちらの部屋にやってきて、自分でお尻をたたきながら「遊んでくれオーラ」を出しまくったんです。途中から会話がまったく頭に入ってこなくなってしまいました。やむなく面談を中断して娘を隣に座らせ「親子で面談」スタイルに変更しました。そのときに取締役の肥後があのニコニコ顔で「気にしないでください。私も小さい子どもがいるので、わかります」と言ってくれたんです。うれしかったですね。でも、その場を何とかしのげただけで、面談は落ちたものだと覚悟していました。次の面接に進む連絡を受けたときは、とても驚きましたし、この会社への思いが一層強くなりましたね。(神谷のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-17

    株式会社TRUSTDOCK Public Affairs担当 中村 竜人

    中村:PA(Public Affairs)の性質上、課題がありました。課題内容が抽象度が高い大きなテーマだったため、前提条件を置いた論理的思考を試すものと認識して作成しました。枚数や作業時間の目安が設定されていて概ね成果物のクオリティの目安がついたため、作業を進めやすかったように思います。作成した資料をとても褒めていただき、リップサービスもあるとは思いつつも素直に嬉しかったです。この課題とフィードバックを通じて、私の即戦力ポイントの1つである資料作成について、TRUSTDOCKが求めるものと私が提供できる経験のすり合わせが出来たように感じております。(中村のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-18

    CSXメンバーが感じたカジュアル面談、選考の印象

    trustdock-summary-interview1-19

    株式会社TRUSTDOCK CSX・オペレーション担当 谷合めぐみ

    谷合最終面接でCOOの菊池さんに様々な角度から突っ込まれたことが印象に残っています。突っ込まれすぎて「きっと落ちたな」と思い、面接後にとぼとぼと帰宅しましたよ(笑)。内定通知後に菊池さんから、オファー内容の補足について熱いメッセージをいただいたことも驚きました。私はこれまで社内のメンバーを支える役割を担うことが多かったです。だから、最初は営業アシスタント・秘書のポジションで選考を受けていました。でも、面接の中で、菊池さんに「支える」ポジションよりも「フロントに立つ仕事に携わって欲しい」とリクエストされました。意見が違ったこともあり、落ちたと思いました。でも、これまでフロントの社内メンバーを支えてきた分、フロントに求められる役割も、支えるメンバーとの連携の大切さもわかっています。最終的には「お客様の前に立って営業や運用の調整を行おう」と決意できました。(谷合のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-20

    株式会社TRUSTDOCK CSX担当 白岩晃

    白岩:選考の過程でも意思決定の速さから、とても誠意ある会社という印象を受けました。カジュアル面談、一次、二次、最終と実施してもらいましたが、カジュアル面談から1週間で最終面接まで実施しました。他社の内定受諾の期限が迫っている私の転職活動が、納得いくものになるように考慮してくれたのだと思います。(白岩のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-21

    株式会社TRUSTDOCK カスタマーサクセス 長瀬和人

    長瀬:COOの菊池さんとの面接で、物事の捉え方や考え方を深掘りする質問が多かったことが印象的でした。抽象から具体の行き来もあり、思考そのものの力を重視しているのかなと感じました。でもテストというよりも、入社後の組織の状態に合わせて活躍できるかを確認し合うような時間だったと記憶しています。(長瀬のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-22

    コーポレートメンバーが感じたカジュアル面談、選考の印象

    trustdock-summary-interview1-23

    株式会社TRUSTDOCK BizOps担当 原美緒

    原:カジュアル面談の段階で、CEOの千葉さんがサービスの説明をしてくれたことに驚きました。これまでの会社では、社長が出てくるのは最後の最後でしたから。でも、ちょっと不安もあったんです。選考は毎回「楽しいな」という感じであり、かつ面接では私のスキルに関しての質問などはなかったので、「本当に私で大丈夫?」と思っていました。私がこれまで経験してきた選考とはまったく違いましたね。オファー面談に経営層の千葉さんと肥後さんに時間をもらった上で、現職の前任者と話す機会まで頂き、至れり尽せりでした。オファーレターが詳細でした。内定をいただく側としては、質問し辛い点なので安心感がありましたね。(原のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-24

    株式会社TRUSTDOCK コーポレート部 大木大地

    大木:Coral Capitalが主催するMeetupイベント「Startup Aquarium」でTRUSTDOCKを知るまでは、eKYCというキーワードも知りませんでした。その場でCOOの菊池さんが「コーポレート職の募集をしているわけではないですけど、代表の千葉と一度話をしてみませんか?」と誘ってくれたんです。千葉さんとの面談は想像以上でしたよ。千葉さんの話す「デジタルアイデンティティ」の世界は、一見SFのようではありました。でも、いまはもう2022年なんです。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で描かれている2015年は、街を行き交うクルマが空を飛んでいました。でも、いまでも私たちは身分証のコピーを封筒に入れて送っています。「デジタルアイデンティティ」の世界は遠い未来の話でもなんでもなく、「いますぐ実現しなければならない現在進行形」の話だとわかりました。(大木のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-25

    グローバルチームのメンバーが感じたカジュアル面談、選考の印象

    trustdock-summary-interview1-26

    株式会社TRUSTDOCK Global Administration and Operations Manager 山崎省吾

    山崎:コロナ渦でしたからすべてZoom形式での面接でした。TRUSTDOCKから「プレゼンテーションをして欲しい」と言われたときは、悩みました。英語でのプレゼンテーションを乗り切り「やった!」と思ったのも束の間、今度は「プレゼンテーションのアイデアが良かったので日本側に同じプレゼンテーションを日本語でしてくれませんか?」と提案されたんです。日本語でのプレゼンテーションは全然やったことがありません。英語のプレゼンテーションを翻訳するところから大変でした。録画していたら良かったですね。自分の表情がいまになって気になってきました(笑)。取締役の肥後さんから「山崎さんが考えているアイデアは、実は私もそうしたいと思っていました」と聞いたときはほっとしました。はじめは自信がなかったですから。(山崎のインタビューはこちら

    trustdock-summary-interview1-27

    株式会社TRUSTDOCK Global Sales Assistant 渡部菜穗子
    渡部:最終面接が千葉さんと肥後さんとだったのですが、厳しかったんですよ!それまでの面接がフレンドリーな空気だっただけに、ギャップが激しかったです(苦笑)。厳しく感じられたのは、私が転職の軸のひとつに「仕事とプライベートとの両立」を挙げていたので、「TRUSTDOCKはその希望を満たせるか」を見極めようとして、質問が厳しくなったんじゃないかと考えています。「足切りしよう」よりも「一緒に働き方を考えたい」という意図だったのだといまなら思えます。当時は「絶対落ちた」と確信して、評判のビリヤニ屋さんにいってランチして元気になってから、午後から仕事に戻ったくらいですからね!ここ数年ビリヤニにはまっていて、おいしいビリヤニ屋さんを開拓中なんです(笑)。※ビリヤニ:インドの混ぜご飯料理(渡部のインタビューはこちら

    (話し手・TRUSTDOCKメンバー/文・佐野創太/編集、監修:TRUSTDOCK採用広報チーム)

    TRUSTDOCKは積極的に採用活動をしています

    TRUSTDOCKはeKYC市場を世界的に展開する仲間を積極的に募集しています。

    ご興味をお持ちいただいた方は、こちらからエントリーいただけますと幸いです。

    エントリーフォームはこちら

    自由な組み合わせで
    最適な設計を実現できます
    KYCに特化したプロ集団に、まずはご相談ください

    サービス資料ダウンロード お問い合わせ