ゼロからTRUSTDOCKと業務構築。本人確認の半自動化で対外的なPRにもつながった、シェアフルの事例

サービスの企画段階からTRUSTDOCKと要件を詰めて、本人確認業務の完全アウトソースを実現した、オンライン完結型お仕事紹介アプリ「シェアフル」。

今回は、「1日で入れて1日で抜けられる組織文化」の創出を目指すシェアフル株式会社に、TRUSTDOCKサービス導入の経緯や活用のポイントを伺いました。

目次

導入サービス:シェアフル
利用している本人確認API
インタビュイー
「フルデジタルAPI」という点がガッチリとフィット
導入期間は1ヶ月、運用体制は1名
本人確認は対外的なバリューにもつながる

導入サービス:シェアフル

求職者の方にとっては専用アプリからスキマ時間を登録するだけでその日の仕事が表示され、働きたい案件があったら面談の来社などは一切不要でそのまま就業できる。

また企業にとっては、マイページから即時に求人情報を登録・掲載することができるので、すぐに・自分で・簡単に人材を採用することができる。

利用している本人確認API

✅ 個人身元確認API

✅ 補助書類確認API(本籍確認)

シェアフルでは、e-KYC/本人確認APIサービス「TRUSTDOCK」を使い、本人確認のとれたユーザーだけが求人に応募できる仕組みを採用しています。

インタビュイー

関根哲也[Tetsuya Sekine]
シェアフル株式会社 Product Dep. ゼネラルマネジャー

「フルデジタルAPI」という点がガッチリとフィット

--TRUSTDOCKは、2018年11月の「シェアフル」サービスリリースからお使いいただいております。どのような課題があったのでしょうか?

関根:もともと当社は、パーソルホールディングス(当時はテンプスタッフ)の一事業としてスタートしました。以前から長期派遣事業をやっていたのですが、新規事業では1日からの短期就業における人材紹介がテーマ。その際に、しっかりと信用に値する身元確認がなされていることが、人材提供をするにあたって非常に重要なポイントでした。

一方でそれを自社でやろうとすると、24時間365日で体制を整える必要があります。外に切り出さないと業務を回せないという判断があって、早々にお話しさせていただきました。まだサービス名も決まってない状態だったと思います。

--他にもKYC業務のアウトソース事業者はたくさんあったと思いますが、何が導入の決め手だったのでしょうか?

関根:シェアフルは24時間365日動くサービスなので、しっかりと運用で吸収できる設計になっている点がいいなと感じました。あと、拡張性としてマイナンバー対応されていることも大きかったです。

今までとは違う形での業務設計だったので、「フルデジタルAPI」という点がガッチリとフィットしたんだと思います。

導入期間は1ヶ月、運用体制は1名

--実際の導入作業は大変でしたか?一般的なシステム導入は、要件定義から本番運用カットオーバーまで、最低半年はかかる印象ですが。

関根:導入スピードは早かったですよ。プロジェクトとしては1ヶ月くらいだったと思います。もっと長くなると想定していたので、想像以上にスムーズで驚きました。本人確認業務のチェックポイントも並行して教えていただきながらの導入だったので、勉強にもなりました。

--導入後の運用についても伺いたいのですが、どのような体制で本人確認業務を行なっているのでしょうか?

関根:カスタマーサポートチームで、ユーザー向けサポートを行っている1名がメインの窓口としております。と言っても、本人確認業務は基本的にTRUSTDOCKが全てやってくれるので、こちらは判断が必要な時だけ連絡をいただく運用になっています。精度や運用のトラブルは、ほぼありませんね。

本人確認は対外的なバリューにもつながる

--TRUSTDOCKを導入された際の効果はいかがでしたか?

関根:当社負担がほとんどなく運用を回せている点はもちろんですが、対外的にも、「本人確認が取れている人を紹介している」という点が、クライアントにしっかりと響いています。一日だけ働く人でもお仕事によってはレジのお金を扱うこともあり、犯罪のリスクがあるからこそ、バリューとしてすごく響きますね。

--多くの派遣事業者が行っていないからこそのバリューですね。今後、TRUSTDOCKを活用した運用で考えていることはありますか?

関根:初回登録時の本人確認の他に、今後は継続的顧客確認もやっていきたいと考えています。外国人の方のビザ期限など、データの質を担保する必要がありますからね。

--ありがとうございます。最後に、TRUSTDOCK導入を検討している企業さまへのメッセージをお願いします!

関根:本人確認業務は流入が読めないからこそ、体制を作るのが難しいと感じます。だからこそ、そこの部分だけセキュアに担保しつつライトにアウトソースできるのは、非常に大きなメリットだと思います。実際にクライアントから同じような相談を受けることがあり、その際にTRUSTDOCKを紹介しています。

システムを入れるのは想像以上に簡単なので、スピード感と柔軟さに期待して良いでしょう。

(文・長岡武司)