03-5759-0355
平日9:00〜18:00
資料請求
お問い合わせ

icon-facebook-bicon-twitter-b

スタートアップは「良い会社に入りたいひとのもの」じゃない。「良い会社を創りたいひとの居場所」だ〜株式会社TRUSTDOCK Global Market Lead Jeff Batesの転職インタビュー〜

グローバル

更新日: 2021/06/15

目次

    Global Market LeadとしてTRUSTDOCKの海外展開を担うジェフは、これまでにケニアとニューヨークでスタートアップの経験があります。そんなジェフにTRUSTDOCKの社風やメンバーの性格、スタートアップを楽しめるひとの特徴を聴いてみました。

    海外のスタートアップを経験したジェフの視点から、スタートアップで活躍するひとの特徴が浮かび上がってきました。

    pasted image 0 (1)

    株式会社TRUSTDOCK Global Market Lead Jeff Bates

    大学卒業後、フィットネスコーチをする傍ら、アメリカで東アフリカや中米の経済発展プロジェクトを支援するNPOを設立。ケニアで持続可能性のあるビジネスを支援する会社を2社起業した。その後ニューヨークに戻り、2社のスタートアップでコンサルタント/COOを務める。

    2019年、アフリカでもニューヨークでもない「都会と自然のバランスの良い日本」で新たな生活を送りたいと考え、来日。「これから世界を目指すスタートアップにJOINして、会社を大きくしていきたい」との思いからTRUSTDOCKに参画する。

    TRUSTDOCKでは東南アジアのKYC/eKYCの普及に取り組むべく、マーケット調査、支社設立等を担当。

    269

    プロダクトファーストの社風が、仕事に集中させてくれる

    ジェフ:今日はTRUSTDOCKのメンバーのことも話せて嬉しいです。私にとって仕事は、単に成果を出せばいいものではなく、メンバーと一緒に働く幸せをつくることでもありますから。大好きですよ。

    ――ジェフは一緒に働くひと社風を大切にしていますよね。TRUSTDOCKのメンバーと働いてみて、どんな会社だと感じていますか?

    ジェフ:お互いのことを敬っていることがよくわかります。社員と社員という関係性だけでなく、一人の人間として向き合っていると思います。

    ――どういった場面で「人間同士の付き合い」を感じますか?

    ジェフ:TRUSTDOCKのメンバーはユーモアのセンスが高いんですよ!最近はできていないですが、食事や飲み会を通じて思いました(笑)。カジュアルな話もできるし、好奇心を刺激してくれる話もしてくれます。きっと知識欲求が強いんでしょうね。私が知らない知識や技術をどんどん教えてくれます。

    ――働きやすさはどうですか?言語の壁などはあるのでしょうか?

    ジェフ:一緒に仕事する上で言葉の壁を感じたことはなく、常に安心感を持って話すことができていますよ。これは、ロダクトファーストの社風が根付いているからなのかなと思っています。何か問題を感じているときでも、「プロダクトを良いものにしよう」、「顧客が使いやすいサービスをつくろう」という意識が統一されているので、メンバーの誰かが困っていたらすぐに一緒に考えてくれるんです。

    ――どういう時に「プロダクトファースト」を感じられますか?

    ジェフ:プロダクトに向き合っていると、どうしても「自分はこうしたい」という感情が湧き上がってきます。でも、その時に自分の意見だけを優先するのではなくて、プロダクト全体のことを優先する思考で全員が進めるんですよ。

    ――メンバー全員が何かのプロフェッショナルなので、意見をまとめるのが大変そうです。

    ジェフ:同じ事象に対しても視点が違うので、意見が全く異なる場合もありますからね。でも、私たちは目指すゴールが統一されています。だから、感情的なぶつかり合いにはならずに、各メンバーの意見も尊重し合えるんです。

    ――ただ優しい社風というよりも、仕事に対するゴールが一緒だから働きやすいんですね。

    ジェフ:日本語がほとんどできない私を温かい目で見てくれているから、優しさも感じています。全員がネイティブのように英語を話しているわけではないですが、会議の形式を工夫することで円滑なコミュニケーションが取れています。

    pasted image 0 (2)

    eKYC領域が困難が多い。だから尊敬できて気の合う仲間と働くことが必須である

    ジェフ:もう一つ、TRUSTDOCKのメンバーを好きになった点があります。それは自分の家族を大切にしている点です。仕事のときは仕事に集中して、それ以外の時間では自然と家族の会話が出てくるのは素敵なことですよね。

    ――家族でいうと、ジェフの奥様は日本に来ることに不安を感じてはいませんでしたか?ケニアとは環境がまったく違うでしょうし。

    ジェフ:そうそう、こうやって家族のことを気にしてくれるのも嬉しいんですよ。私は妻を愛していますから。妻も日本をとても気に入っているので、まったく問題はありませんでした。2017年に訪れたのが最初だったかな。

    ――家族が安心して暮らせないと、仕事にも集中できないですからね。日本にはどんな印象を持ちましたか?

    ジェフ:出会った人たち、食べ物、自然の美しさ、効率的に整ったインフラ、すべてが素晴らしかったです。働くことと暮らすことを両立できる環境として最適です。

    ――日本にずっといると当たり前に感じてしまうけど、安心して仕事に集中できる環境は世界的には珍しいですよね。

    ジェフ:そうなんですよ。家族にも安心して暮らしてもらえるのでとても嬉しいです。
    これまでのスタートアップ勤務経験と立ち上げの経験から、自分の幸福度とゴール達成のためには、毎日一緒に仕事をする仲間がとても重要だということを学びました。スタートアップ企業は大企業と比べて既にあるリソースを使うというよりも、リソース自体をつくり出すことも仕事です。それはやはりチャレンジングであると同時に、困難なことでもあります。そんな課題を乗り越えていくには、尊敬できて気の合う人たちと一緒に仕事することが必須なんです。

    ――関係性を大切にするジェフらしい視点ですね。

    ジェフ:TRUSTDOCKのメンバーには良い刺激をもらっています。eKYCの領域は法律的にも技術的にも難しい課題が多いのですが、その課題を解決しようとするときでも楽しんでいるように見えるのです。きっと「この課題を乗り越えたらプロダクトがまた成長する」であったり、「また新しいことを学ぶチャンスが来た」と前向きに捉えているんじゃないでしょうか。

    071

    不確実性を楽しむ。スタートアップ企業は楽観性が命綱

    ――ジェフはこれまでにケニアとニューヨークでスタートアップ企業での勤務経験があったり、スタートアップを0から立ち上げた経験がありますよね。スタートアップで仕事をする適性があるひとは、どんなひとだと考えていますか?

    ジェフ:市場環境も会社のリソースもスタートアップ毎で異なるし、国によっても状況は違うなと思っています。その前提を踏まえた上で私の経験則で恐縮ですが、スタートアップ企業に向いているひとは、楽観性と協働性を備えているひとだと考えています。

    ――それぞれなぜ大切なのでしょうか?

    ジェフ:まずは楽観性からですね。スタートアップは大手企業と比べるとリソースが圧倒的に少ないですし、仕組みやルールが定まっていません。つまり、曖昧なことが多いのです。不確実なことがあまりにも多いので、それに飲み込まれてしまうと不安を抱えながら仕事をする毎日になってしまいます。「曖昧だからもう無理だ」と考えてしまうようになるでしょう。

    ――曖昧な状況に対して、どうすれば楽観的になれますか?

    ジェフ:解釈を変換することですね。「曖昧だから自分で決められる」と変換することで、戦略立案から実行までを担うことができる。戦略の部分から関われたときと、既に決まったことを実行するときとでは、仕事からもらう達成感がまったく違います。実行だけの仕事のときはどこかで「自分の仕事じゃない」という感覚がつきまとってしまうんですよ。

    ――不確実性の高い状況で戦略を立てることは、大変ではないですか?

    ジェフ:そこが難しいところでもあり、面白いところです。情報を100%集めてから判断するのでは遅すぎます。判断するために必要な最低限の情報は何か、その情報はどこから集められるのか、状況が変わったときに次にどう動くかなど、複数のことを同時に考えながら進めることが求められます。

    ーー他に大事な要素はありますか?

    ジェフ:自分の失敗を認識してすばやく次に動くことが重要です。先ほどのとおり、100%情報を集めてから動くことは不可能なので、どんなに気をつけていても失敗することはあります。自分の失敗を認める、もう一回同じ状況が起きたらどうするかを改めて考える。これを繰り返すことによって、不確実な中でも状況に振り回されず、自分主導で仕事をつくれる”builder”としての力がつくはずです。

    336 (1)

    仕組みはひとりではつくれない。スタートアップは協働して「良い会社をつくりたい」人のためのもの

    ――ジェフは海外展開の戦略から考えているので、まさに曖昧な状況を楽しんでいますね。協働性はなぜスタートアップで働く上で重要なのでしょうか?

    ジェフ:スタートアップでは、仕組みは少ない資源を活用して自分たちでつくるからです。運営力や実行力があるだけでは不十分です。人間が一人でできることは限界があります。

    ――メンバー間で知恵を出し合えば、単純に複数人で考える以上のアイディアが生まれたりしますよね。

    ジェフ:そうそう。メンバー1人1人が、何かを0からつくり上げるためにできることを知恵を絞って考え抜く。メンバーの考えに刺激されて、自分も新しい考えを生み出していく。こういった”builder”の姿勢がスタートアップでは特に重要です。

    ――TRUSTDOCKには大手企業出身者も在籍しています。スタートアップでの経験がなくても活躍できるひとの特徴は何だと考えていますか?

    ジェフ:TRUSTDOCKには高橋という大手企業出身者が活躍していますね。彼はレアな存在といえるかもしれません。確かにいつでも手の届くところにある仕組みや資源を利用してきた大企業出身のとても優秀な人たちが、スタートアップに移って苦労するのをたくさん見てきました。でも、高橋は確立した仕組みや資源がない中で課題を解決することへの好奇心と創造力を持っていますよね。

    ――彼は大手クレジットカード会社で事業開発を経験していましたし、次の建設系ベンチャー企業でも事業開発が仕事でした。

    ジェフ:仕組みを使う側ではなくて、仕組みをつくる側にいたということですよね。スタートアップ企業は「良い会社に入りたいひと」ではなく、「良い会社を創りたい」と願うひとたちの居場所だと思います。

    ――スタートアップに馴染む人の特徴が「楽観性」や「協働性」というキーワードで浮かび上がってきました。TRUSTDOCKにジョインしてほしい人も、こういったキーワードに魅力を感じる人ですか?

    ジェフ:なんだか、私自身のハードルを上げてしまったようにも思います(笑)。でも、TRUSTDOCKが描く未来、日本や海外に訪れる未来に対して限りなく楽観的な人と働きたいですね。楽観的というのはリスクを考えないということではなくて、「実現したい未来のために手段を尽くそう」という姿勢ですから、一緒に働けたら刺激を受けっぱなしですよ。

    ――入社したらどんどん自分を変化させられそうですね。

    ジェフ:そうですね。TRUSTDOCKが解決しようとしているeKYCの課題は、一人でなんとかできるものではありません。重要な課題をメンバーと協力して解決したいという想いを持っているひとと一緒にスタートアップを楽しみたいですね。

    編集後記

    海外のスタートアップ経験のあるジェフに、初期のTRUSTDOCKについて改めて分析してもらいました。

    『「良い会社に入りたいひとのもの」じゃない。「良い会社を創りたいひとの居場所」だ』という言葉に代表されるように、スタートアップは創り上げる余白があります。そんな余白を楽しんでいるメンバーを、これからも紹介していきます。

    TRUSTDOCKは積極的に採用活動をしています

    TRUSTDOCKはeKYC市場を一緒につくる仲間を積極的に募集しています。
    ご興味をお持ちいただいた方は、こちらからエントリーいただけますと幸いです。

    ●エントリーフォームはこちら

    自由な組み合わせで
    最適な設計を実現できます
    KYCに特化したプロ集団に、まずはご相談ください

    サービス資料ダウンロード お問い合わせ